読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

錦戸亮に歌ってほしいB'zの楽曲10選

 

 関ジャムという番組の可能性を知ってしまった関ジャニ∞ファンなら、誰しもが一度は考える、好きなアーティストがゲストで来たら何を歌ってほしいか。お察しの通り、そういうことを書きます。生まれた時からぼんやりB'zを聞いて育ってきた20代女性の独断と偏見に基づく、「もしB'zがゲストで来るなら錦戸亮ちゃんがいなきゃいやだ」の主張をしたいがためのブログです。ゆる~いファンである私の好きな楽曲に偏るのは許してください。基本的に松本孝弘さん役は安田章大で想像しています。「愛でした。」のビジュアルが似ている。

 

 

1. OH! GIRL *1

Let Me Go みだらに続く濡れたハイウェイ To You Home

Don't Stop ブレーキ踏めばすべてLockしてイキそう

I'm Too Hot こんなにも熱いエンジン落ち着かせるのは

ただ一つすいこまれそうな君の胸だよ

 時代感溢れる男女の駆け引きを描いている曲です。上記に引用してあるのは歌詞です。歌いだしを引用したので、「相手が気になる夜の長電話が僕を走らせてる」と続くんですけど(時代感…)、そういう振り回される恋愛の歌詞が似合いそう。あと単純に曲がかっこいい。苦しそうに片方の口角を引き上げて、ちょっと身体逸らして歌っている姿が想像できる。似合う。

 

2.結晶 *2

僕らだけしか知らない 美しく光る秘め事

何億年先までも 深く氷に閉ざされる

まばゆいほどの言葉が 正しく繋がりつづけ

ま新しい結晶いつしか花開くでしょう

吐き出す息はまっ白く はっきりとカタチを見せる

思わず僕は口走る また君に会えますように

 シングル「衝動」に収録されている曲です。ちょっとネチャっとした歌い方もできる錦戸亮ちゃんにはピッタリじゃないかなと思います。歌詞の、幻想的で夢見がちなところとか、錦戸亮ちゃんが歌うしかないですね。錦戸亮ちゃんも「何億年先までも深く氷に閉ざ」してそうですし。ここはやっぱり稲葉さんのように、スキニーとか履いて、あの黄色いジャケット(関ジャムの揃いのジャケット)は脱いでシャツ一枚になってもらいたいですね!

 

3.ながい愛 *3

もっとながい間 愛してくれませんでしょうか?

そういうものが今 僕らにゃいるんだ

初めてみたいに 抱きしめあいたいと

だれもがみな望み 夢見ている

 この曲もネチャっとしてる系の曲です。聴いてもらわないことには魅力をお伝えできないなとは思うのですが、聴いてもらえる方法がないのが歯がゆいところです…。「もっとながい間 愛してくれませんでしょうか」と錦戸亮ちゃんに歌ってもらいたいためだけの「ながい愛」です。

 

4.孤独のRunaway *4

何がイヤだったの? 金なの? マンネリなの?

今頃おまえはどこかで叫んでる like this! 

  

 たったこれだけの理由。女のひとに出ていかれる曲なんですよね。この曲はスタンドマイクで片足で足踏みリズム取りながら歌ってほしい楽曲部門ナンバーワンです。「許されないのは わかってるつもり 世間のしくみにとても勝てないから」とか。

 

5.スイマーよ!! *5

でもね だれか言ってたけど

何でも気の持ちようじゃないの

食欲なさそうな顔で

ストローかむなら僕を噛んで

 「なんでも気の持ちよう」って言いそうだし。噛んでほしそうだし。「僕を噛んで」でジーンズのチャック上げ下げしてほしい。アップテンポな曲なので、頑張って、マイクスタンドからマイクを外して、マイクを持つ手と逆の手で、マイクスタンドを掴んだまま、歌ってもらいたい。

 

6.Pleasure 2008 ~人生の快楽~ *6

いつのまにかこの街に 丸め込まれたのは僕?

居心地いいと笑ってる そんな余裕はいらないのかな…

 錦戸亮に歌ってほしいのか、それともただ楽曲が好きなのか、わからないけれど。この「Pleasure」という曲は数年経つと新しいバージョン、少し歌詞が変わったバージョンが発表されるのですが、別に2008年バージョンじゃなくたって構いません。「いつのにかこの街に 丸め込まれたのは僕?」「丸め込まれたのは君?」「丸め込まれるのは誰?」の言い換え三連ちゃんが、どうしても錦戸亮っぽい。彼のソロ曲で例えるのなら「HalfDown」。

 

7.ねがい *7

願いよかなえ いつの日か

そうなるように生きてゆけ

僕は僕に 君は君に

拝みたおして 泣けばいい

 これは完全に引用したサビの部分を筆頭に、歌詞を歌ってほしいだけです。あと、どことなく「最終電車に揺られて」という歌いだしから始まるせいか「ビースト‼」に雰囲気が似ている。ところでわたしはこのスタンドマイクというものが激烈に好きです。振り回してほしい。


B'z / ねがい

 

 8.BAD COMMUNICATION *8

曖昧なウワサで 煙に巻かれそうだから

狂ったように抱き合える体が欲しいだけ

Give me youe guitar(キ・ミ・は・ギ・タ・ー), yeah alright

We say wow wow wow wow wow wow wow

 「E.style」という英詩バージョンとも迷いましたが、この引用部分めちゃくちゃかっこいいんですよ。というわけで何卒よろしくお願い申し上げます。

 

9.裸足の女神 *9

OH MY 裸足の女神よ キズをかくさないでいいよ

痛みを知るまなざしは 深く澄んでもう萎れることはない 

 歌詞だけ見ると、ラブスーパーマン(@関ジャニクロニクル)感があって笑ってしまいそうですが、「裸足の女神」の朝の澄んだ空気感は錦戸亮ちゃんのパブリックイメージに相応しいと思います(と言いながら自分で言い過ぎかなと反省しています)。いっそギターでアレンジして弾き語りしてほしい。エイトが「涙の答え」で出演したMステで歌っていました。曲中で稲葉さんが松本さんに渡す何か(ぎゅいんぎゅいん鳴るやつ)を使った後に客席に投げ込むところはいつ見ても痛そう、な曲。

 

10.この手をとって走り出して *10

この手をとって走り出して ねえ

ここじゃないどこかへ

光浴びて 風にふかれ

あふれる人波つきぬけて

世界中で2人しか知らない

真実を胸にしまって

せまってくる 夜の闇に

ゆっくり溶けてしまいたい

 これだけB'zではなく、稲葉浩志さんのソロ名義での曲なのですが、どうしても10選に入れたかったので…(というか、この楽曲ありきの10選でした)。引用したのはサビの部分ですが、ここだけじゃなく、2番の冒頭の歌詞が個人的な「錦戸亮ちゃんに歌ってもらいたいフレーズ」堂々の1位にランクインしている。個人的にめちゃくちゃ歌ってほしいやつです。なんとなく引用するのも躊躇うくらいなので、歌詞を検索するかCDアルバムを購入するかなどして、どうにかして聴いていただきたいです。この曲をもし、彼に歌ってもらうのなら、TOKIOさんの「あきれるくらい僕らは願おう」を少年倶楽部プレミアムで歌っていたときのように、座って切なくのびやかに歌ってもらいたい。

Hadou

Hadou

 

 

いろいろ考えた結果、選抜漏れした楽曲

  • Bule Sunshine *11
  • いつかまたここで *12

  「Bule Sunshine」は私が一番好きな楽曲なのでいまさら自重しました。そりゃ好きな人(自担)が歌ってくれたら嬉しいよね、っていう。「いつかまたここで」も似たようなもので、楽曲自体が特別感情的にさせるような気がしたので。といいつつ、せっかくなので挙げておきます。同世代のジャニヲタに合うかわかりませんが、良い曲なのでどうぞよろしければ。

 

 

  個人的に、錦戸亮ちゃんと稲葉さんって似ていると思っていて。言い方悪いですが、ちょっと偏屈なところとか、あまりはしゃがないパブリックイメージを持たれているところとか、感情論を押し通さないところとか、視点をずらして物事を考えそうなところとか。控えめなところとか…って、挙げれば、まあそりゃ好きなのでいくらでも挙がりそうなのですが、歌詞もどことなく似ているような気がするんですよね。

 錦戸亮さんは声変わりをする前はよく稲葉さんのモノマネをしていたそうですし、声変わりしている今でもしっくりくると思うんですよね!!!!! 正直、関ジャムにB'zが来てくれるのならなんっでもいいです!!!なんでもいい「ultrasoul」でも「LOVEPHANTOM」でも「イチブトゼンブ」でも「いつかのメリークリスマス」でもなんでもいいですなんでも嬉しいです!!!!そこに錦戸亮さえいれば。(これで欠席だったらせめてもの反抗でテレ朝に足向けて寝ます)(嘘です)

  というわけで、「錦戸亮に歌ってもらいたいB'zの楽曲個人的な10選」でした。読んでくださり、ありがとうございました。他にもあれば、ぜひとも聞かせてください。

 

 ::::追記

  上手く説明できないのですが、こういうところが似ている、というか勝手に似ていると感じている、という。「ビースト‼」の「出来ることは人並みに 取り組んできたつもりです でも先週気付いたんだ 僕が得る幸せも人並みです」と通じるところがあるような。なんなんでしょうね、こちらからしてみれば、圧倒的才能があるにもかかわらず地に足が付いていそうなところとか。(「いつのまにか」に関しては、私自身がそういう考え方を好んでいるので知らず知らず、そういうところを自担にもとめているのかもしれません)

 補足で別のメンバーも。やすくんには「熱き鼓動の果て」とか、すばるさんには「美しき世界」とか「Calling」とか。村上さんにはいっそ「恋心(KOI-GOKORO)」とか歌ってもらって、「松本に相談しようか」の部分は三馬鹿のどっちでもいいですね。蛇足ですが、稲葉さんはやんまーの20歳上、松本さんは三馬鹿の20歳上です。横山さんは「BUDDY」。ほとんど歌詞(とメロディ)で選んでいます。たくさんつらつらと歌詞を引用したりして書きましたが、結局、聴いてもらわなきゃ分からない、拳を突き上げたくなるような、この絶妙な「ダサさ」。関ジャニ∞もB'zも楽曲は情けないのに、当人らが最強にかっこよくて惚れ惚れするばかりです。